ひなぎく心理ルームでは臨床心理学の立場から、いろいろな心の「悩み」や「葛藤」、「違和感」などに対してお話を充分にお聴きし、共に見つめ、整理しながらカウンセリングを進めていきます。
クロストリジウム菌とTレグさん

何? なに?

NHKの「人体」シリーズ、ご覧になっていた方は、きき覚えがおありかもしれません。

全7回シリーズで、タモリと山中伸弥教授が司会で、「人体」にまつわるミクロの世界、

現代科学の最先端が紹介されたものです。

 

非常におもしろかったです。

実際の細胞内の映像が高センサーや顕微鏡で捉えられ、私たちの身体の中で繰り広げられる営みが、感動をもって理解されました。

シリーズ全体を通して、身体の各臓器同士が脳とは関係なく「メッセージ物質」をやり取りしているということがテーマで、どの臓器がどのような働きをしているのかということが、取り上げられていきました。

 

第4集は、「腸」が取り上げられ、ここで扱われたのが、表題のお二方です。

かっこいいのです。(笑)はまっています。

まずは各臓器の中でも「腸」は別格、第二の脳と紹介され、神経細胞が脳に続き多く、人体の独立国家だそうです。

腸では、全身の免疫を司り、コントロールして送り出しているとのこと。

体内に入ってきた細菌をただ攻撃するのではなく、敵と味方をより分けたり、

「落ち着いて」とのメッセージ物質を出して、免疫の暴走を押さえるなど、攻撃役とブレーキ役をその巧妙なやり取りでコントロールしているというのです。

 

免疫の暴走とは、アレルギー(反応)ですが、腸という水戸黄門が、腸内細菌という助さん、免疫細胞という角さんを従えて、どう折り合っているのかという物語です。

シリーズ第7集、最終回に、ガン細胞が「攻撃を止めて」とメッセージを出すと、免疫がそれを聞き入れて攻撃を止めることがあると紹介され、それぞれの細胞が意志を持ってやり取りしていることなんだと、理解されました。

そうなると、是非とも我々の「腸」さんには賢く有ってもらわねばなりません。

 

免疫の過剰な暴走を抑えるとても賢い免疫細胞「Tレグ」さんが発見され、そのTレグさんを誕生させるのが、クロストリジウ菌なのだそうです。クロストリジウ菌といってもその種類は100種類もあるそうで、その中のひとつなのだとか。

そしてここからが大事なところですが、クロストリジウ菌が「落ち着いて」との物質を免疫細胞に届けて、Tレグさんを誕生させるにはその栄養となる「食物繊維」が必要なのだと。

クロストリジウ菌がないことで難病が発現しているとの仮説により治療が進められていることや、日本の若い修行僧のアレルギーが精進料理によって改善していることが紹介されます。

なんと、日本人のクロストリジウ菌は世界平均の4倍という数字が示されました。

なので長寿なのかもしれませんね。

ただ、現代の食生活が日本人の培ってきた体質の恩恵を崩し始めているかもとも言われます。

 

私事ですが、いままで身体に入れるものは良いものをとの意識は母親のお陰で強くあったものの、さすがにここまでの認識、意識はありませんでした。

これらの情報を機に、食生活を変えました。

朝食には玄米を、お昼は消化のよいもので、夕食は軽め。

いい感じです。

今の時期、食材も美味しく、毎日の食事が楽しみでなりません。

美味しいものは、美味しいですね。

そして体が喜んでいるのが分かります。

身体の中に何を送り込んであげるか、それは意識的に考えられること、その後はお任せです。

機嫌よく快調に働いてくれていること、

優秀な「Tレグ」さんに感謝です。

 

そうそう、腸さんには訓練場があり、わざわざ細菌を取り入れて、免疫細胞に細菌の色々を学習させることをしているそうです。

そうして学習した免疫細胞が全身に送り込まれるのですって。

一度、学習したいい形を、維持し、遂行していってくれる身体さんに、絶え間なく良い食材を提供していくこと続けたいと思います。

 

クロストリジウ菌さんとTレグさんに良くしていただいているお話でした。

| 昨今の私 | 17:42 | comments(0) | trackbacks(0)
H30年3月の勉強会と外勤日

何だか一気に暖かですが、朝晩はまだ寒いです。

 

インフルエンザの猛威が落ち着き油断していると、

ここからの寒暖差につけいられそうな気がするのは私だけでしょうか。(笑)

 

3月

  2日(金) 午後1時半〜午後5時半    小学校勤務

  3日(土) 午前9時〜午後6時     公認心理士現任者講習会 (京都)

       午後6時半〜午後7時半  京都いのちの電話研修委員会

  4日(日) 午前9時〜午後6時      現任者講習会 (京都)

  5日(月) 午前10時〜午後7時     中学校勤務

  9日(金) 午後1時半〜午後5時半    小学校勤務

10日(土) 午前9時〜午後6時      現任者講習会 (京都)

11日(日) 午前9時〜午後6時      現任者講習会 (京都)

12日(月) 午前10時〜午後7時     中学校勤務

16日(金) 午後1時半〜午後5時半    小学校勤務

17日(土) 午後3時〜午後8時    精神分析セミナー (福岡)

                   講師:松木邦裕先生

18日(日) 午前9時半〜午後12時半 精神分析セミナー (福岡)

22日(木)〜24日(土)は都合により休室となります。

 

今年の確定申告は、なんと2月14日に提出することができました。

自分をほめてあげたいと思います。(笑)

 

いつもタイトルにしている「H○○年○月の勉強会と外勤日」は今回が最後となります。

何故なら、4月より外勤をなくし、ひなぎくでの臨床のみ行っていくゆえです。

週1回は外勤をとも考えていましたが、この1年間は開業臨床と研究に没頭!と決めました。

 

ブログのアップが増えるかどうかは定かでありませんが、月に一度は頑張ります。

このような塩梅にもかかわらず、お立ち寄りいただき感謝です。

来年度もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

皆さまにおかれましても、お風邪召されませんように。

 

 

 

 

 

 

| ひなぎくのこと | 22:33 | comments(0) | trackbacks(0)
H30年2月の勉強会と外勤日

例年、京都は盆地の湿度の影響からか、

耳が切れるような冷たさや寒さを感じることしばしばですが、

今年はそれがむしろましなように感じています。

各地では寒気の影響で寒さや雪が大変なようで、ことは違えど、

例年とは違う…というところに共通項がありそうです。

 

2月

  2日(金) 午後1時半〜午後5時半     小学校勤務

  5日(月) 午前10時〜午後7時      中学校勤務

  8日(木) 午前9時半〜午後4時      幼稚園勤務

  9日(金) 午後1時半〜午後5時半     小学校勤務

12日(月・祝) 午後1時〜午後5時半   精神分析セミナー (京都)

      「思考/考えることと精神病の精神分析」講師:松木邦裕先生  

16日(金) 午後1時半〜午後5時半     小学校勤務

19日(月) 午前10時〜午後7時      中学校勤務

22日(木) 午前9時半〜午後4時      幼稚園勤務

23日(金) 午後1時半〜5時半       小学校勤務

24日(土) 午後12時半〜午後5時    SC部会公開セミナー

26日(月) 午前10時〜午後7時      中学校勤務

 

年が明けて少し経つと、確定申告…、確定申告と気持ちの中でつぶやきます。

つぶやいても何も変わりませんが(笑)、今年は早めの提出を目指し、

着々と整理を始めているところです。

 

年が明けると確定申告に始まり、外勤は単年契約ですので、

4月からの勤務状況をどのようにしていこうかと、思い巡らすところです。

 

実は昨年の内に、ひなぎく勤務時間増の為、幼稚園勤務終了の旨を、

関係者にお詫びしていたところです。

そのような中、スクールカウンセラー勤務の4時間という時間枠がなくなる方向で、

8時間×2日でとのお声かけを頂きました。

有り難く悩ましいところですが、週3日+土曜午前では、ひなぎくが回わりませんし、

私の身体も回らないと推測します。

 

身体あっての仕事ですので、無理のない8時間×1日とし、

臨床と研究・研鑽に励む1年とする所存です。

 

いつもお立ち拠り頂きありがとうございます。

 

インフルエンザが猛威を振るっておりますが、皆さまもどうぞご自愛くださいませ。

 

 

| ひなぎくのこと | 16:15 | comments(0) | trackbacks(0)
私の精神分析

私の心理学やカウンセリング一般との出会いは、

二十歳から大阪まで足を延ばして学び始めた心理学講座受講に始まりました。

 

その中で歩みをすすめ、グループでの事例検討や個人スーパービジョンが始まり、

任意で述べ120回程度のパーソナルセラピーも受けました。

その時のセラピスト兼スーパーバイザー(現在の認識では同時期❝兼❞はない)が、対象関係論、独立学派ウイニコットの理論をもとに臨床をされる故・脇坂尚子先生でした。

脇坂先生との出会いが、精神分析との最初の出会いでした。

 

20年以上も前になるスーパービジョンの逐語録は手書きでした。

時々、自分でも作話?との疑念を持つ程に、つらつらと流れるように書いたことが思い出されます。

脇坂先生はバイズにおいてもセラピーにおいても、それはそれは大切に私と関わり育ててくださいました。

にもかかわらず、いつも印象的に思い出されるのはバイズでの脇坂先生の私への高評価に内心むかつき、セラピーでのまれにしかされなかった解釈に「なんか腹立つ」とポツリと、しかしはっきりと表現し、それで終わりという場面。

今の私は書いていて笑みがこぼれます。

脇坂尚子先生あっての今の私です。

脇坂先生は良くも悪くも「おかん」(関西弁で母親)でした。

 

様々な理論を学ぶ中に、常に精神分析諸理論はあり、精神分析に魅力を感じていました。

ただ私は、その理論を軸に臨床をしているその人そのものを通して学びたいと言う思いが強くあり、この人にという先達に出会えていない事実が、日本精神分析学会未入会ということにも表れていました。

 

2010年5月16日京都府臨床心理士会主催「精神分析と現代の心理療法」と題した研修会がありました。

講師は、松木邦裕先生でした。

はじめてお目にかかったこの研修会の日に、パーソナルセラピーの希望を伝え、後に待機者リストに加えていただくことができました。

私にとっての、真の精神分析との出会いがここにありました。

 

年末年始に思い巡らせた精神分析についてつぶやく…と、年始のご挨拶でつぶやいていましたが、私の精神分析との出会いを書くことになりました。先の年始のご挨拶の内容も、書き始めてから公認心理士のことを書いた私で、このようにしようという意識を軽々と超える自分を動かす何かにゆだねることしばしばの私です。

書きたかったことは、色々と思いを巡らせるも、私のこれと思った精神分析が私にとっての「真」であるということを記したかった私のようです。

 

最初には何を思ったか、昨年手帳に記した下記の詞を冒頭に書いたのですが、

それはここに収まりました。

 

ひとつには、終わったということ

ふたつには、死んだということ

みっつには、愛しているということ

よっつには、進むということ

 これが「生きる」ということ

 それが「私の精神分析」

          (2017・3・27)

 

漠然とした表現が、様々な角度からの連想を可能にすると、

その点に関して、気にいっています。

すべては、こころのことであるのは言うまでもありませんが。

 

精神分析は切実です。

 

変な言い方かもしれませんが、切実と思います。

 

図らずも、ちょっとつぶやきな感じに収まった気がします。

(笑)

 お立ち寄りいただきありがとうございます。

 

それでは、これにて失礼いたします。

 

 

 

| 私の歩み | 19:50 | comments(0) | trackbacks(0)
2018年あけましておめでとうございます

2018年、平成30年がスタートいたしました。

ひなぎく心理ルーム、本日午前より本年の開室となりました。

 

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

いよいよ今年度から国家資格「公認心理士」の試験が開始されます。

あらゆる現場で(特に医療)国家資格ではない心理士がようやく国家資格保持者

(公認心理士試験を受験し合格すればですが)となります。

また、臨床心理士資格も公認心理士と並行して従来通り質の高い心理業務を提供していくこと

は今後も変わりなくあることです。

 

例年、ご挨拶に寄せていただく開業精神科医院の院長先生は、数多くの心理職を雇い、

カウンセリングも提供されて来ました。

その院長先生が、昨年のご挨拶時に、医院を医療補助の業務に集約させて、

カウンセリング業務は外部にという方向に改革をしているのだと言われていました。

お願いすることが増えるかもとも。

ただ当ルームは、精神分析的心理療法のみ提供する場と明示する責任者である私のプライベートオフィスですので、精神科医師からの年に数人のご紹介は変わらないと推測しています。

そのようなことですが、ご紹介頂く大切な患者さまに日時の提供ができるよう、

当ルーム開設当初から近隣2件の開業精神科貴院さまへのご挨拶に留めてきました。

HPを見てや、その他のご紹介と合わせて、プライベートオフィスとしては程良いと感じています。

 

公認心理士資格が発足し、広く国民に心理業務サービスの提供がなされていくことは、

素晴らしいと私は考えます。

その中で、当ルームのようにじっくりとこころの最深部にかかわる精神(心理)療法を提供する、プライベートオフィスもまた独自に存在感を持てると、

日々の臨床でのクライエントの本質的な変化が確証を与えてくれるようであります。

 

これはひとえに、精神分析臨床の素晴らしさであると私は考えます。

 

年始のご挨拶が長くなりました。

 

この冬期休暇中も、時折、精神分析に想いを巡らせていました。

また近日中に、巡らせた想いのつぶやきはさせていただくとして、

このあたりで、年始ご挨拶はお開きとさせていただきます。

 

年始早々、お立ち寄りいただきありがとうございました。

 

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

| ひなぎくのこと | 13:11 | comments(0) | trackbacks(0)
H30年1月の勉強会と外勤日

今年も残すところあとわずかとなりました。

願い叶わなかった挑戦、願い叶った経験、この一年も色々なことがありました。

これらの経験が私の人生を私の納得いくものにしてくれるのだと思います。

 

1月   

12日(金) 午後1時半〜午後5時半    小学校勤務

15日(月) 午前10時〜午後7時     中学校勤務

19日(金) 午後1時半〜午後5時半    小学校勤務

20日(土) 午後3時〜午後8時     精神分析セミナー (福岡)

21日(日) 午前9時半〜午後12時半    同上

22日(月) 午前10時〜午後7時     中学校勤務

26日(金) 午後1時半〜午後5時半    小学校勤務

28日(日) 午前9時〜午後12時    SC班別研修会

29日(月) 午前10時〜午後7時     中学校勤務

 

以上となっております。

 

今年は「学びと臨床」の深まりを実感できた年でもあります。

わがことながらさらなる発展が期待されるところであり、

新年度からの研究会参加に胸をふくらませる今日この頃です。

 

それでは皆様、本年はありがとうございました。

どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

 

ひなぎく心理ルームは9日(火)より開室いたします。

 

| ひなぎくのこと | 21:48 | comments(0) | trackbacks(0)
H29年12月の勉強会と外勤日

いよいよ師走です。(笑)

皆さまにとっても師走ですね。

 

毎年、毎年、今年ほど目いっぱい活動した年はないのではないかと思うのですが、

今年もそう思っています。(笑)

でも師走だけは、活動的にことを運ぶのを逆手にとって、

追い立てられずにゆったりと波に乗り新年を迎える姿勢が板につきつつあるようです。

 

12月

  1日(金)  午後1時半〜午後5時半    小学校勤務

  3日(日)  午後1時〜午後6時半    キンダーカウンセラー研修会 (京都)

  4日(月)  午前10時〜午後7時     中学校勤務

  5日(火)  午後5時半までは休室となります。

  7日(木)  午後1時〜午後5時      小学校勤務

  9日(土)  午後1時〜午後5時     スクールカウンセラー研修会「いじめ」

11日(月)  午前10時〜午後7時     中学校勤務 

15日(金)  午後1時半〜午後5時半    小学校勤務

16日(土)  午後3時〜午後8時    日本精神分析インスティテュート福岡支部主催

17日(日)  午前9時半〜午後12時半  精神分析セミナー講師 松木邦裕先生(福岡)

                           「ワーキングスルー」「解釈」

18日(月)  午前10時〜午後7時     中学校勤務 

 ※23日(土・祝)〜2018年1月8日(月・祝)までは冬季休暇となります。 

 

以上となっております。

 

こころに栄養が欲しいとき、ミルクティの香りを感じます。

身体の労をいたわりたいときは芳醇な緑茶の香りを連想します。

実際に飲むのではないですよ。

あっ、お金がないわけではないですよ。(笑)

こころの中の時(とき)を味わいます。

 

それでは、こころの時(とき)を味わえるこころを維持しながら、

12月を乗り切ってまいりたいと思います。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

 

| ひなぎくのこと | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0)
H29年11月の勉強会と外勤日

台風が次から次へとやってきます。

しのぐのみですが、被害のないことを願うばかりです。

 

11月

  3日(金)〜5日(日)     第63回日本精神分析学会大会  (名古屋)

  6日(月) 午前10時〜午後7時     中学校勤務

  9日(木) 午前9時半〜午後4時     幼稚園勤務

10日(金) 午後1時半〜午後5時半    小学校勤務

13日(月) 午前10時〜午後7時     中学校勤務

16日(木) 午後9時半〜午後4時     幼稚園勤務

17日(金) 午後の時間帯のみ休室となります。

18日(土) 午後1時半〜午後5時半   被害者支援シンポジウム (大阪)

20日(月) 午前10時〜午後7時     中学校勤務

23日(木) 午後1時半〜午後5時半 精神分析セミナー

      「こころの臨床:私たちの仕事に最善を尽くす」講師:松木邦裕先生(兵庫)

25日(土) 午後2時〜午後3時半  「こどもの発達とこころ」拡大連携の会(京都)

26日(日) 午前9時〜午後12時半    SC研修会 「思春期の精神疾患」(京都)

27日(月) 午前10時〜午後7時     中学校勤務

 

 以上となっております。

 

身体をしっかり調整しながら、 

学び多き秋を満喫してまいりたいと思います。

 

いつもお立ち寄り頂き、ありがとうございます。

 

    

 

| ひなぎくのこと | 19:49 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS