ひなぎく心理ルームでは臨床心理学の立場から、いろいろな心の「悩み」や「葛藤」、「違和感」などに対してお話を充分にお聴きし、共に見つめ、整理しながらカウンセリングを進めていきます。
<< H28年6月の勉強会と外勤日 | main | 難産から感じとる愛 >>
H28年7月の勉強会と外勤日

皆さま方の地域の梅雨はどのような塩梅でしょうか。

 

何事もわが身に降りかからないことには安気なものですが、

かといって、メディアを通して入ってくる様々な情勢に気持ちを動かしていては、

それもまた、わが身が持ちそうにありません。

 

7月

  1日(金)  午後3時〜午後7時       小学校勤務

  4日(月)  午後9時半〜午後4時      幼稚園勤務

  7日(木)  午前11時〜午後8時      中学校勤務

  8日(金)  午後2時〜午後6時       小学校勤務

  9日(土)  午後5時〜午後9時半     精神分析研究会 (大阪)

11日(月)  午前9時半〜午後4時      幼稚園勤務

14日(木)  午前11時〜午後8時      中学校勤務

15日(金)  午後2時〜午後6時       小学校勤務

17日(日)  午後1時半〜午後5時     スクールカウンセラー研修会(京都)

18日(月・祝)午後12時半〜午後5時半 「精神分析におけるナルシシズムと現代」

                    講師:松木邦裕先生 (大阪)

23日(土)  午後3時〜午後8時  精神分析セミナー「精神医学と精神分析」(福岡)

                    講師:衣笠隆幸先生・松木邦裕先生

24日(日)  午前9時半〜午後12時半   同上 「摂食障害」 鈴木智美先生

 

 以上となっております。

 

どことなく愚痴っぽい書き始めとなっていることを自覚しております。(笑)

このように書きたい心境があることも自覚しております。

 

わがこころを問う、ということを私は繰り返しています。

もしかしたらこうなのかもしれない…と、日々、模索し患っております。

だからなのだと思いますが、色々な考えが自ずと生成されます。

よって、日常での人とのかかわりにおいて自らの考えが言語化できることが多いように思います。

しかしながら、謎と苦悩はつきません。

 

このような自分を歓迎しているわけではありませが、付き合って行くしかありませんね。

頭を悩ませることができるということは、身体が健康であってくれるがこその贅沢でもあります。

不調があればそれどころではなくなりますからね。

 

 どうぞ皆様もお身体大切になさってください。

 

 かけがえのない日々の喜怒哀楽を満喫してまいりましょう。

 

 

 

| ひなぎくのこと | 00:04 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://myamiho.jugem.jp/trackback/1100150
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS