ひなぎく心理ルームでは臨床心理学の立場から、いろいろな心の「悩み」や「葛藤」、「違和感」などに対してお話を充分にお聴きし、共に見つめ、整理しながらカウンセリングを進めていきます。
レ・ミゼラブル
 昨日、観て参りました。

昨日はあまりの興奮に、ブログのアップは明日にした方がいいと判断しました。(笑)

『レ・ミゼラブル』(悲惨な人々) ★★★★★  


星5つ、文句なしです。

以前にもミュージカル映画とやらを見たことがあり、正直あまりいい印象を持っておらず、そんなに大きな期待はしていませんでした。

年始のレディースDAYという事もあり、時間ぎりぎりに行った私には最前列しか空いておらず、見上げてみることになったのですが、予告の10分に感じていたしんどさを、158分の上映時間には一切感じることなく過ぎました。

有名な作品ですが、私は初めて触れました。


本当に深いところからこみ上げる感情を周囲に悟られないように(一番前でよかったと思いました(笑))、お守りすることが大変でした。


私はおととしより、精神分析的な心理療法を深化させ、昨年にはカウチも導入し、その色合いをさらに濃くしました。

私が臨床家の立場というよりはむしろ、アナライザンド(精神分析を受ける側)の立場として、この映画は精神分析の映画ではないか!!と、思いました。


背後にはフランス革命があり、とても動的な映像ではありますが、その登場人物個人の内的な葛藤が見事に描写され、個々人が現実を受け入れ生き抜くさまは圧巻です。

この現実を受け入れていくところに、どのような心理的な変化が起こるのかを少なくとも私自身は感じてきていますし、この悲惨な状況の中にあってもいかに人が、その人として生きていくのか、そしてそれがなし得ているときの苦しみと歓喜の相克の何たるか、そしてそれが生きていることそのものであるということ。


2度とない人生を生ききった、その満ち足りた思いの至福は、そのように生きた人にのみ訪れるものなのでしょう。

パン1個を盗んだ罪で19年の監獄生活。
怒りと憎しみをため込んで不信で出発する人生。

親を選べない子供(選んでいるという説もありますが)が、受け身的に身を置いたその先(家庭環境)が、(心理的)監獄だったとしたら・・・。


その先、どのように生きていけばいいのでしょうか?


そのことの答えがこの映画にはあるように私には思えます。


必要なのはハッピーエンド(もたらせられるもの)(もちろんそれは素晴らしいことです)ではなくて、自分の意志で選択(もたらすもの)をする人生を送る、という事なのではないでしょうか。


私はそう思います。



おすすめです。


是非、ご覧になって見られてはいかがでしょうか?



ご精読、ありがとうございました。



| 映画 | 15:42 | comments(0) | trackbacks(0)
ヒミズ 
 過日、京都シネマで、映画「ヒミズ」観てきました。

東日本大震災を経験し、その変わり果てた街の映像が映画の中で使われていたのですが、それが違和感のないほどに、向き合っている映画でした。

何に向き合っているかというと、「絶望感」ではないかと、私は感じました。

絶望を前にして、希望と向き合うことが可能なのか?
絶望と向き合うということは現実と向き合うということであるが、それができるのか? 
できないのか?

「あんまりやさしくせんといて、大人には頼って生きていけへんのやから、やさしくされたらこまるねん」

これは、阪神淡路大震災の時に、私が数か月通っていた避難所で仲良くなった女の子が私に発した言葉です。

私は、「ごめん」といいました。ごめん・・・ということしかできませんでした。


私の仕事は、日々、個人の心のこのような側面に相対しています。



非日常ではなく、(カウンセリング場面という)日常の中で。







| 映画 | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0)
ブラック・スワン
約3か月半ぶりに、ようやく映画を見に行く時間が取れました。

少し前は見たい映画が目白押しだったのですが、今はほとんどなく、唯一「ブラック・スワン」が、生き残ってくれていました。 

2時間弱の映画ですが、あっという間に時間が過ぎました。
随分前にすでにいかれた方が、先生の職業関連の映画です!! と言われていて、その主人公の心の闇の組み立てられ方は、現実問題として日々、私の職業にまつわる分野での難題で難敵な題材が扱われておりました。
おっしゃる通り!! という感じでした。

何を隠そう、母子関係ですね。
娘のことを祝おうとケーキを買ってきた母に、こんなに沢山食べられないよ・・・と、娘が言うと、感情的にケーキをゴミ箱にほかそうとするシーンなんかは、ある種の真実を表現するのに充分すぎる生々しさを兼ね備えておりました。

いやいや、ホント迫力がありました。

現実と夢と狂気が入り混じった展開ではありますが、もてあそばれているようなイライラ感はなく、作品の迫力、説得力として伝わってきました。

ただ、半分ほど過ぎたあたりで、1人、年配の女性が映画館を後にされましたので、作品が言わんとする母親像に対して何か思われたのかな?
と思ったりもしました。 ただ用事が入ったとか、体調が・・・かもしれませんが。

主人公の才能を開花させようとかかわる人たちも、そこまで介入する?という位ではあるものの非常に的は得ており、主人公も狂気してしまいました、ちゃんちゃん。ではなく、狂気しながらも、何か自分の超えていかなくてはならないものにしっかりとぶち当たっており、作品として、非常に統一されたテーマがしっかり描かれていると感嘆しました。

まぁしかし、しっかり描かれているだけに、緊張感を持って見させていただきましたよ。

作品にサブタイトルをつけるなら、「ギリギリ」 ですね。(笑)
周囲の人の介入のありかたも、本人の精神も、作品全体のバレイの舞台という緊張感も、すべてがぎりぎりな感じでした。
が、その緊迫感を白鳥の湖の音楽と華麗な踊りが作品を品よく融合させている塩梅も見事でした。

しかし、ギリギリ感を普遍性(作品全体)とせず、主人公の母子関係における未成熟なものにまつわる葛藤
(ピントの外れた自己愛的干渉を愛とした母の養育ゆえに育たない部分)を克服していくプロセスととらえると、パニクっているのは本人の心理状態のみとも見えなくもないですね。

ふっと思いましたが、この映画のある種の狂気にまつわるシーンは、私が幼少のころに見ていた悪夢の感じで、私だけでなく、悪夢といえばこんなか感じ!と、思われる方もおられるのではないかと思います。

場面が・・・というよりも、追いつめられる感覚といいましょうか。 はい。


個人的には、さかむけ(指の根元のささくれ)を反対向けにめくる様子などは、こちらもリアルに想像できるだけに、こたえましたね。(笑)

そう考えると、狂気ではなくある種のリアルを徹底的に追求した作品なのだと、思えますね。
きつい・・・・という人も、いるのでは? と、心配するほどです。

ということで、作品としては素晴らしですが、個人的にはリアル過ぎて、そんなこんなを勝手に考えてしまい、そこがかえってマイナスとなり、

星!! ★★★半です。


星がいくつかなんて、だれにも聞かれていませんが・・・(笑)


それでは、今日はこの辺で、失礼します。



いつも、ありがとうございます。




| 映画 | 22:44 | comments(0) | trackbacks(0)
「玄牝−げんぴん−」
今日は節分、皆さまの多くが「巻きずし」を食されたのでしょうか?
豆まきは全国的行われるように思いますが、そのほか京都では節分に「巻きずし」を食べる風習があります。

先週と今週は忙しい中でも、忙しい(笑)週となり、ブログが復活したにもかかわらず、なかなかアップできずにいました。
そんな中、今週の月曜日1月31日に、この日までの有効期限の映画鑑賞無料券を弟にもらっており、午前中のみ空いていて、この日午前中一回限りでまだ上映していた、河瀬直美監督の「玄牝」を見に行ってきました。

愛知県にある、産婦人科の吉村医院を舞台にしたドキュメンタリーです。

この吉村医院のことは、義妹から映画が出来る以前に聞いていて知っていました。
昔は生まれる直前まで働いて、そのことにより、出産に必要な気力や体力を自然に与えられ、結果安産になる。
すくえない命、事実もまたそれはそれとして肯定されるべきであり、でなければ生きるということをも否定する事になるのである。 そう言い切る吉村医院長。 

河瀬直美監督が今まで一番時間をかけて作った映画というだけあって、素晴らしいものでした。
命の誕生、家族の葛藤、吉村院長の哲学、だけにスポットを当てているのであれば、私にとって素晴らしい!!という評価にはならなかったと思います。

私が最も感動したのは、吉村院長が実の娘に意見されるシーンが織り込まれていたことでした。

そして、そばで仕えて働く吉村医院のスタッフの卒直な困惑・・・・が織り込まれていたことでした。

光の裏の「陰」をも、しっかりと表現に織り込まれていたことでした。


静かな展開のなかに、ものすごく立体感を感じさせるバランスのよさがありました。

動きのないところでの絶妙な動きを表現しきっているという感じでしょうか。


その表現を可能にするところまでの関係を吉村院長と築き上げたところに、河瀬直美監督のセンスが光り、繊細に人との関係を築き上げ、その上に成り立つゆえの魅力がある映画だと思いました。

はい。

星、★★★★半です!!


機会があれば是非、ご覧になってみてください。




| 映画 | 22:23 | comments(0) | trackbacks(0)
アイルトン・セナ 映画
昨夜のレイトショーにて、「アイルトン・セナ音速の彼方へ」 を観てきました。

少し身体が重い日でしたので、私は行くのかな・・・と、自分に呟いておりましたが、帰ってからの入浴では遅くなるので、先に済ませようとサッさと入浴し準備をしている自分に、こういうことなら身体は動くのね・・・と、内心笑えました。
前後の予定を眺めて無理のない (といってもいつも無理になりヘルペスさんこんにちはなのですが・・・)
時に、娯楽を盛りだくさんに!?(笑)入れるわけですが、やはり映画となるとその映画をどれほどみたいかとの動機づけの大きさがその足取りを軽くすることは確かです。

アイルトン・セナ・・・、この映画を観たい!!と私は思っていたようです。
私はF1のファンであると言うわけではありませんが、ちょうど、セナが活躍していたころ、テレビ中継が盛んにされていました。

そして、アイルトン・セナの最後のレースも中継されており、その訃報を伝える場面を観て、私なりにとてもショックを受けたことを覚えています。
映画の最後にもそのテレビ中継の場面が使われていて、こうだったこうだった・・・と、改めて鮮明に思い出しました。

ドキュメンタリー映画なわけですが、あっという間の108分でした。
時々、レース中のセナのマシンにつけたビデオ映像などがあり、そのスピード感と迫力もとてもアクセントになっていて、内容の濃さも含めて見ごたえのあるものでした。

人は必ず、いつかこの世を去ります。
その時が来るまで、精一杯生き抜くことの大切さを改めて感じました。

いい意味で、神妙な面持ちとなりました。


そして家路に就こうと
駐車場に向かうその私の前に、ちどり脚で女性があるいています。

「パン!!」 何やらろれつが回っていない言葉で短く叫び、携帯電話を歩道わきの街路樹の根元あたりに
ほり投げています。


あ〜〜あ〜〜、なんか怖いなぁ〜。


ちゃんとしたお勤めをされている感じて、ヒールも履きこなし、二十代でもなさそうな感じです。
飲み会の帰りか何かでしょうか・・・。

女性なので大丈夫かなぁと心配になりましたが、携帯電話も木の根元の、わりと他の草もいっぱい生えていて、投げても大丈夫と見積もって投げたな・・・とか、ちどり足ではありますが、割とちどり足のねんきも入っている感じで、大丈夫かと・・・。
携帯もすぐに草かき分けて拾い、そのあとも「あーーー!!」と泣き声をあげたりされてましたが、
他の人に電話されたりもしていました。

私は後ろを歩いていたのですが、何せ彼女はちどり足ですのですぐに追い越し、駐車場の料金精算時、車に乗ってからも少し観察していました。

怖いもの見たさでしょうか。 (笑)

こういう感じって、記憶がないのかなぁ・・・と思ったりして見ていました。

日々の生活のなかでは、むかつく(腹が立つ)こともあるでしょう、携帯を投げつけたいこともあるでしょう、
でも一度しかない人生、理想を言えば「御苦労さま」と、いつお迎えが来てもいいように生きたいものですね。


ね!? お姉さん!! しっかりお家に帰ってくださいね。


女性でしたが、いろいろな意味でやっぱりちょっと怖かったです。  (笑)



と、映画鑑賞がえりに、酔っ払い鑑賞のおまけがつきました・・・・。   (笑)



あっ、思い出しました。
この映画、星4つ★★★★です!!  (映画「悪人」と同じで悪しからずです)



 (笑)




 
| 映画 | 17:48 | comments(0) | trackbacks(0)
映画 『悪人』
昨夜、映画 「悪人」 を見て参りました。

何の映画を見に行かれるのか?と、思って下さった方、きっと半数くらいは正解されたのではないでしょうか。
映画とはいえ、酷評を文字にするのはあまり趣味ではありませんので、ブログにアップすると言うことは、
良かったと言うことでございます。 (笑)

ただ、私的には思いをはせることが多すぎて、涙まで行き着きませんでした。
出口を無くした感情が、八方をふさいでしまったという感じです。
主たるものは、「悲しみ」と、「職業病的思慕」とでも言う感じのものと、「怒り」でしょうか。

犯罪被害・加害という立場、不器用な男女が本気で求め合ったということ。
それぞれの立ち位置に仕立てあげていく社会にはびこる「悪」、「悪人」。

人のこころ・思いを言語ではない、非言語的なアプローチで丁寧に拾った、社会風刺の映画だと感じました。

深津絵里について監督が、少し疲れた感じの女性が良かったので・・・という、半ばうれしくないような(笑)抜擢秘話を話されていましたが、妻夫木くんの金髪の似合わないのと合わせて一本!!という感じです。(笑)

主人公のコンプレックスが起こした罪と、それを取り巻く「悪」。
誰が本当の悪人なのか・・・という、映画宣伝のフレーズは、ぴったりです。

脳にジュワ〜っとしみ入って、記憶に残る映画だと思います。
何だか、妙なリアリティがとてもあります。

深津絵里の演技が云々、と言うよりは、全体のバランスがとてもいい映画だと思いました。
主人公はその設定故にか、地味で、だけど押しも押されぬ主人公なわけで、それを脇で支える役者も役柄的にみな地味なのですが、良いのですよ!!
脇のキャストは、みな味がありましたね〜。出番は少ないのですが、余貴美子さん、個人的には大好きです。
あの存在感は何でしょうか。(笑)

というわけで、公開初日にいちびって(関西弁ですね(笑)出しゃばってみたいな感じです)観に出かけて、
これ以上、べらべらおしゃべりするのは得策では無いと思いますので、これにて失礼致します。


是非、機会があればご覧頂いて、損はないかと思います。

星、4つ“★★★★”です。

(今、思いつきましたが、これから独断と偏見で★つけます!!(笑))



いつも、読んで頂きありがとうございます。



感謝です。





| 映画 | 20:51 | comments(0) | trackbacks(0)
プレシャス
昨夜、映画 「プレシャス」 観て参りました。

この映画鑑賞は仕事ということにしました。
いきなり、ぶしつけな文面を書いてしまいました。 すみません。(笑)

と、いいますのは、とてもじゃないけどリフレッシュのための「娯楽」という枠に入れられないなぁ、
この映画を観たのは仕事、仕事にしよう! という自己防衛が働きました。 (笑)

見事でした。

虐待を過不足なく真正面からとらえてくれていました。


主人公のプレシャスのその後を考えれば、専門家しとしてたやすい物ではないことは想像に難くありません。

ただ、希望をもって彼女は生きていく、その事の力強さはひしひしと感じられ、伝わり、それもまた真実ではないかと感銘させられました。

個人的には、この映画は是非、虐待に携わることのある専門家の方に観て頂きたいと思いました。
主人公の認知の仕方や、虐待する母の一語一句と病理、母を通して語られる父、ここまで赤裸々に言語化する母親はなかなかいないかも知れませんが、(ここまで表現してくれるとある種こどもの気づきが早いというか分かりやすい)潜在的にダブルバインドでこどもにこのようなメッセージを送っている母はいて、はっきり表現しない分、日本という国の文化がそうさせるのか・・・とも思ってしまう側面があります。


この映画ではハーレムが舞台ということなので、黒人の人たちが抱えてきた差別・貧困などやその文化に根ざす問題提起も多々含まれていたりしました。
母親役のモニークという方は、実際はコメディエンヌとのキャスト紹介がありびっくりしました。
何だか、あまりに隙のない完璧な憎々しい演技に、実際に虐待している人のような錯覚に陥っていました。
モニークさんごめんなさい。  (笑)

この映画を観て、私の胸は一杯になっていましたが、瞳から涙は流れませんでした。
怒りとくやしさと希望と勇気が涙より前に出てきたからだと思います。

隣に座っておられた方が早い段階から、しくしく涙されており、そうかと思ったらばりばりと音を立ててカバンから何やら出したり・・・、少しイラッっとした私がいました。 (笑)
この人は、何を思って泣いてるのかなぁ・・・と。
かわいそう・・・なんて思って泣いているのかなぁ・・・、もしそうなら上から目線の人かもなぁ・・・とか、少し気が散っていました。


職業柄そう思うのかも知れませんが、遠い国の、映画の中だけの話じゃありません。
そういえば最近よく日本でもこどもの虐待死がよく報道されていますね。


虐待は私達にとってごく普通に身近な問題なのです。
 


私も私に出来ることを頑張ろう!! そう思いました。



ありのままを感じれる勇気と生き抜く力は比例していると、私は思っています。






| 映画 | 21:11 | comments(0) | trackbacks(0)
映画 「精神」
昨日、ただいま京都シネマで上映されている観察映画の「精神」を見に行ってきました。

京都シネマは一度いったことがあり、昨日が2度目でした。
決して広くない劇場ですが、ほぼ満席でした。

結論から申し上げますと、大変素晴らしい映画でした。

ドクターが、講釈を垂れるようなシーンはほとんどなく、その診察場面が度々映されるのですが、
その古めかしい建物の中で、患者さんの椅子が私の目をひきました。

医師は立派な椅子に鎮座し、患者は丸椅子・・・。
良くある風景ですが、この診療所はそうではありませんでした。

たまたまかも知れませんが、この医師の患者さんに対する姿勢が象徴的に現れているように思いました。

この医師は「患者に聴くのだ・・・」 と、いわれました。

答えは患者さんの中にあると。

おこがましいことですが、私も同じように考えている一人です。
答えは、クライエントさんの中にあると。
それをどう聴き出すか、どう共同作業によって発見していくかが仕事なのだと。

個人的には、洗濯機の排水溝をまさぐるシーンは必要か? と思った以外はホントに素晴らしく
正確に精神障害者の方を映して下さったと思いました。

精神障害者の作業所の職員として、彼らとの楽しい時間を共有した私にとっては、
「ありがとう」 という心境にすらなりました。

厳しい現実も生々しく映し出しても下さってましたし。


私の敬愛なる人たちです。



機会を作って是非、見て下さい!



おすすめです!







| 映画 | 18:35 | comments(0) | trackbacks(0)
「崖の上のポニョ」見てきました
今日、「崖の上のポニョ」を見てきました。
1日のファーストデイ(京都では映画がみんな千円でみれる日)なので、沢山の人でした。

いろんな意味で、「まっすぐ」な映画でした。

人の心の、ふか〜い所に、理屈抜きに働きかけてくるような映画でした。

映像の迫力もすごくて、「波」なんか、こわかったです。(笑)
「波に飲み込まれそう」っていうシチュエーションは、「夢」や「イメージ」にも、よく語られる物で、「無意識」の領域で、こわさを感じさせる強い力を持っているように、私は感じていて、そう言う意味から見ても、感じても、本当に迫力があって、恐かった程です。それだけ、映像がたけていたということだと思います。



そして、ポニョが、「波」の上を走る様は、圧巻でした。

なぜか、このシーンで、涙が流れる私がいました。
何と言っていいのか、みたされる思いと、勇気と、生きることへのまっすぐさと、なんか、そんなことを感じたのかな。
あっ、今、書いていて、読み返して思いました。そんな恐いかもしれない、飲み込まれるかもしれない「波」に、ポニョは、手助けしてもらってるんですよね。援護してもらっている。
驚異ではなく、その上を生き生きと、走ってるんだ!!
そうか、深い・・・。

もちろん、わたしにとっての解釈ですが、私の心の中にある黒い「波」(陰とか、かたまりとか言ってもいいのですが)に、私自身が、いつ飲み込まれてしまうのか?という、驚異を私自身が、かつて持っていたのです。
しかし、その黒いかたまりの正体がわかり、今はそのかたまり(黒い「波」)に乗って、それを見方につけて、仕事にすらしている・・・う〜む。おもしろい。

当たり前ですが、見る人によって感じるところは、十人十色。

だ・か・ら、「理屈抜きで、ふか〜いところに働きかけてくる映画」って、はじめに言ってるのに、どうして言葉にしたがるかなぁ。

「かわいかった〜!」 「おもしろかった〜!」で、終われませんか。

すみません。わたくし「臨床心理士」ということで、人(自分も含む)がなんか、ふか〜いところで感じている、言葉にならないようなことを、言葉にしていくことが、仕事なもので・・・。 ついついです。 はい。

あしからず。  (笑)

ポニョ、チョーかわいかったです!!

遅いわょ。 (笑)







| 映画 | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS