ひなぎく心理ルームでは臨床心理学の立場から、いろいろな心の「悩み」や「葛藤」、「違和感」などに対してお話を充分にお聴きし、共に見つめ、整理しながらカウンセリングを進めていきます。
H29年11月の勉強会と外勤日

台風が次から次へとやってきます。

しのぐのみですが、被害のないことを願うばかりです。

 

11月

  3日(金)〜5日(日)     第63回日本精神分析学会大会  (名古屋)

  6日(月) 午前10時〜午後7時     中学校勤務

  9日(木) 午前9時半〜午後4時     幼稚園勤務

10日(金) 午後1時半〜午後5時半    小学校勤務

13日(月) 午前10時〜午後7時     中学校勤務

16日(木) 午後9時半〜午後4時     幼稚園勤務

17日(金) 午後の時間帯のみ休室となります。

18日(土) 午後1時半〜午後5時半   被害者支援シンポジウム (大阪)

20日(月) 午前10時〜午後7時     中学校勤務

23日(木) 午後1時半〜午後5時半 精神分析セミナー

      「こころの臨床:私たちの仕事に最善を尽くす」講師:松木邦裕先生(兵庫)

25日(土) 午後2時〜午後3時半  「こどもの発達とこころ」拡大連携の会(京都)

26日(日) 午前9時〜午後12時半    SC研修会 「思春期の精神疾患」(京都)

27日(月) 午前10時〜午後7時     中学校勤務

 

 以上となっております。

 

身体をしっかり調整しながら、 

学び多き秋を満喫してまいりたいと思います。

 

いつもお立ち寄り頂き、ありがとうございます。

 

    

 

| ひなぎくのこと | 19:49 | comments(0) | trackbacks(0)
「真実告知」

先月、ある里親の会で講演させていただきました。

講演内容に是非とも盛り込んでほしいと依頼されたのが「真実告知」でした。

 

ここでいう「真実告知」とは、里親などの養育者が育てている子どもに、

産みの親は別にいるとの真実を告知することを指します。

「真実告知」について、仲介者となる行政機関からは行う方向でと、言われるそうです。

言うは易し、するは難しが、誰のこころにも創造できる内容ではないでしょうか。

 

私にとって里親の会で話すのは初めてでお役に立てるかどうかと思いましたが、私を知ってくれている友人からの依頼であり、二十数人とのことで、講演1時間、全体での質疑応答40〜50分、希望者への個別相談枠1時間という形で引き受けました。

講演に向け『里親と子ども』vol.9明石書店(東京都)を講読する中で、真剣に向き合い言葉を紡ぐ「真実」というものにまつわるかかわりに、精神分析、対象関係論クライン派の理論が重なり合い始めました。

重なり合うだろうと、どこかで思いお引き受けしたのかもしれません。

 

里親と子ども双方のこころに焦点をあわせた内容には、❝対象喪失❞の視点を加えてお伝えしました。

対象喪失からの回復の道のりは、私自身の阪神淡路大震災や大阪教育大付属池田小学校での活動を通してお伝えしました。

持ち堪えなければならない里親さんの日々のかかわりがもたらす意義をお伝えしました。

「真実告知」について、そのタイミングは❝子どもの問い❞にあり、繰り返され、告知の失敗などなくたとえ溝が入ったとしても、その修復のプロセスはさらなる関係の深まりをもたらす機会となる、その事実は軽くないが深刻である必要はない、など思う所をお伝えしました。

 

集まって下さった里親さんの苦悩・苦慮する真剣さに、講演後も思いを馳せた私でした。

 

『里親と子ども』で当事者の女性が真実告知について書かれていたこと、「漠然とした欠落感を背負ったまま人生を歩むことは少々しんどい。真実告知は一時的にショックを伴うかもしれないが、養子や里子は人生の最後のピースが「パチン」とはめ込まれる瞬間を待っているのである」と。

イギリスの精神分析家ビオンが、こころに不可欠な栄養として「真実」を挙げたことが想われます。

 

真剣、誠実、まじめで何が悪い。

これらのことがどれだけ人のこころを揺るがすか、揺るがされた心の感知がどれほど生きている実感をもたらすか。

ここに苦と共に偉大なる喜びがあることを知るのです。

 

何さま?と言う感じになってきましたので、このあたりでお開きといたします。(笑)

講演は、そこで出会った方たちとの交流は、私にとって貴重な経験となりました。

この経験を経て、今の私があります。感謝です。

 

ご精読、ありがとうございました。

 

| 臨床心理士 | 19:21 | comments(0) | trackbacks(0)
H29年10月の勉強会と外勤日

朝晩が涼しくなってまいりました。

 

夜になると鈴虫やコオロギの泣き声が響き、秋を感じさせてくれます。

 

10月

  2日(月) 午前10時〜午後7時     中学校勤務

  6日(金) 午後1時半〜午後5時半    小学校勤務

  8日(日) 午前10時半〜午後5時  日本精神分析協会第4回LECTURE DAY(東京)

      『ウィニコットを学ぶ・ウィニコットから学ぶ』講師:松木邦裕先生他

  9日(月・祝) 午前9時〜午後12時   SC班別研修会

12日(木) 午前9時半〜午後4時     幼稚園勤務

13日(金) 午後1時半〜午後5時半    小学校勤務

16日(月) 午前10時〜午後7時     中学校勤務

19日(木) 午前9時半〜午後4時     幼稚園勤務

20日(金) 午後1時半〜午後5時半    小学校勤務

22日(日) 午後1時〜午後5時半   京都精神分析臨床セミナー(大阪)

23日(月) 午前10時〜午後7時     中学校勤務

27日(金) 午後1時半〜午後5時半    小学校勤務

29日(日) 午後1時〜午後5時   精神分析インスティテュート福岡支部 主催

                 『マイケル・パーソンズ先生講演会』 (福岡)

30日(月) 午前10時〜午後7時     中学校勤務

 

以上となっております。

 

この月は東京と福岡で開催される精神分析セミナーが楽しみでなりません。

自身の精神分析的臨床の深まりと相俟って、多くの問いが発生することとなり、

そのことへのヒントを得られる質の高いセミナーは本当にありがたいです。

 

豊かな学びの秋となりそうです。楽しみです。

 

学びを満喫できるよう、心身の管理を怠らず参りたいと思います。

皆さまもどうぞご自愛くださいませ。

  

 

| ひなぎくのこと | 13:16 | comments(0) | trackbacks(0)
H29年9月の勉強会と外勤日

あと1週間もすれば9月がやってきますが、まだまだ暑い日が続いています。

 

ただ、今夏は猛暑と言われた割には全国的に雨が多く、

京都市内は曇りの日が多かった印象です。

 

9月

  1日(金)  午後1時半〜午後5時半   小学校勤務

  4日(月)  午前10時〜午後7時    中学校勤務

  7日(木)  午前9時半〜午後4時    幼稚園勤務

  8日(金)  午後1時半〜午後5時半   小学校勤務

11日(月)  午前10時〜午後7時    中学校勤務

14日(木)  午前9時半〜午後4時    幼稚園勤務

15日(金)  午後1時半〜午後5時半   小学校勤務

16日(土)  午後3時〜午後8時    精神分析セミナー(福岡)

17日(日)  午前9時半〜午後12時半   (同上)

18日(月・祝)午前9時半〜午後2時    里親会での研修会講師(佐賀)

 「里親と子どものこころをもの思うー日々の困難を通して育まれるこころとはー」

25日(月)  午前10時〜午後7時    中学校勤務

29日(金)  午後1時半〜午後5時半   小学校勤務

 

 以上となっております。

 

今日、お昼を食べに行った先で、1歳くらいの女のコを大事そうに抱っこする、

若いお母さんとお父さんが食事されていました。

お母さんは抱っこひもを使用することもなく大事そうに起きそうになる子を、

トントンしておられます。そのご夫婦は見た目に若く、その装いや化粧の具合が、

まだまだ子どもしていたい年ごろかなぁと私に感じさせます。

 

やがて、その女の子が目を覚まし、そのことに気が付いた私と目があった

その1歳くらいの女の子は手に持っていた赤ちゃん用のおせんべいを「どうぞ」と

言い(私には明らかにそう見えました(笑))、私に差し出します。

私は「ありがとう」といいながら、深々と頭を下げました。

お母さんも笑顔を見せてくださいます。

 

3mほど距離が離れていたので、ことばを交わすことはありませんでしたが、

その女の子は微笑みをくれます。

そして感心したのは、ご両親がその子の目を見て表情を介して、

非言語的な交流を実によくされていたこと。

また、おしぼりの袋を握らせて揺らして引き抜いていくや、大きな声を出せば手を当てて

「あわわわわ」となるようにして興味を引き、楽しませながら静かにさせるという、

とても年齢(発達)に即した豊かなかかわりをされていたことに感動を覚えました。

なので、女の子が私にお菓子を差し出す豊かさを示したことも理解できた気がしました。

もちろん、そのような素敵な素質がその女の子にあるということでもありますが。

 

通じ合うことの純粋な体験を幼い子であればあるほど共有でき

(できる子とはということですが)、

それは私のこころに幸を運んでくれます。

こころが通じ合うことは本当に豊かです。

ということを、感じた今日の出来事でした。

 

それでは、どうぞ皆さまも夏の疲れを出されませんようご自愛くださいませ。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

 

 

| ひなぎくのこと | 16:43 | comments(2) | trackbacks(0)
H29年8月の勉強会と外勤日

暑中お見舞い申し上げます。

 

夏本番です。はい。

繰り返される言葉は省略いたします。(笑)

 

8月

 12日(土) 午後1時半〜4時半 『13歳「私」をなくした私、性暴力と生きることのリアル』

    著者:山本潤さん講演会&犯罪被害者パネルディスカッション:京都弁護士会主催

 

  14日(月)〜21日(月) 夏季休暇となります。

 

 21日(月) 午後(約2時間)    中学校にて夏季研修:講師

 27日(日) 午前9時〜午後5時  子育て支援講座「離婚・再婚家庭をめぐって」(京都)

     日本臨床心理士資格認定協会、日本臨床心理士会、日本心理臨床学会、合同主催

 28日(月) 午前10時〜午後7時   中学校勤務 

 

 以上となっております。

 

先日、甥っ子の保育園に行く機会があり、同じクラスの女の子に「おばあちゃん?」

と聞かれます。一度「伯母ちゃんだよ」と答えるも、「おばあちゃん?」と繰り返します。

先生が気を遣われて「伯母ちゃんだよ」と言われるも、「おばあちゃん?」と修正は効きません。

私はそれを楽しみ、事実、おばあちゃんでもおかしくない年齢なので、受け入れます。(笑)

後で思い起こされます。

「おばあちゃん?」といっていたその女の子の表情が実に嬉しそうだったこと。

きっとその女の子は、おばあちゃんが大好きなんだと。

 

感知されたことを自覚的に抱えることは、その内容によっては試練でしかありませんが、

表現されている言葉を超えて、いいものを感知できることは大きな喜びです。

 

とにもかくにも、「おばあちゃん」と言われてもおかしくない現実を通過できてこそですが。(笑)

 

それでは、どうぞ皆様におかれましても、お元気で夏を満喫なさってください。

 

いつもお立ち寄り頂き、ありがとうございます。

 

 

 

| ひなぎくのこと | 14:49 | comments(0) | trackbacks(0)
H29年7月の勉強会と外勤日

梅雨入りしてから「晴れ」ということも多かったですが、

ようやく梅雨らしくなってまいりました。

 

梅雨が明けると本格的な夏到来です。

毎年思うことですが、日本の四季は風情があって素晴らしい、

と同時に、寒暖に適応することの繰り返しは鍛錬だなぁと思います。

 

7月

  2日(日)  午後1時半〜午後5時  スクールカウンセラー研修会 テーマ「倫理」

  3日(月)  午前10時〜午後7時    中学校勤務

  7日(金)  午後1時半〜午後5時半    小学校勤務

10日(月)  午前10時〜午後7時    中学校勤務

14日(金)  午後1時半〜午後5時半    小学校勤務

17日(月)  午後12時半〜午後5時半 児童思春期心理療法セミナー (大阪)

                講師:松木邦裕先生 「こころの世界の母と子」

29日(土)  午後3時〜午後8時  精神分析セミナー「治療としての精神分析」(福岡)

                 耳の傾け方と言語的介入技法 講師:松木邦裕先生  

30日(日)  午後1時〜午後5時半 京都精神分析セミナー テーマ「羨望」

 

以上となっております。

 

寒暖への適応は、その変化に順応することの鍛錬。

精神分析的な治療も往々にして、そのこころが変化を成す時は、

それまでに維持されていたものが一旦崩れます。

治療者はその現象を知覚・感知し、コンテインしながら新しいこころの萌芽を

根気強く見守ります。

それとは分からないほどの、深遠な共同作業です。

 

それではこれにて失礼いたします。

皆さまもどうぞお身体大切になさってください。

        

 

| ひなぎくのこと | 21:32 | comments(0) | trackbacks(0)
H29年6月の勉強会と外勤日

今日は午前中にスクールカウンセラーの班別研修会があり、

行ってきましたが、帰路はあまりの日差しに、くらくらしました。(笑)

 

6月

  3日(土)  午後1時〜午後4時半   キンダーカウンセラー研修会

  5日(月)  午前10時〜午後7時    中学校勤務

  9日(金)  午後1時半〜午後5時半   小学校勤務

15日(木)  午前9時半〜午後4時    幼稚園勤務

16日(金)  午後1時半〜午後5時半   小学校勤務

18日(日)  午後12時半〜午後5時半 精神分析研究会・神戸セミナー(兵庫)

                事例助言・講師:松木邦裕先生 

    ビオンーその生涯と前期の仕事:『経験から学ぶこと』『精神分析の要素』

 

19日(月)  午前10時〜午後7時    中学校勤務

22日(木)  午前9時半〜午後4時    幼稚園勤務

23日(金)  午後1時半〜午後5時半   小学校勤務

25日(日)  午後1時半〜午後4時半   SC部会研修(緊急支援)

26日(月)  午前10時〜午後7時    中学校勤務

30日(金)  午後1時半〜午後5時半   小学校勤務

 

 以上となっております。

 

明日から3日間、京都の予想最高気温は30度を超えております。

今夏は猛暑とも言われており、その加減か「日焼け止め」の予防指数が年々上昇しているようです。

だから何だと言われそうですが。

日傘も購入し、既にあるものはオフィスの「置き日傘」に致します。

だから何なんだと言われそうですが。(笑)

日差しがまぶしいということです。

 

それでは、皆さまにおかれましてもご自愛くださいませ。

わたくしも体調管理を怠らず、参りたいと思います。

 

| ひなぎくのこと | 14:52 | comments(0) | trackbacks(0)
H29年5月の勉強会と外勤日

皆さまの年度始めは、どのような滑り出しとなられたでしょうか。

 

思い思いのGWを満喫なさってください。

 

5月

  1日(月) 午前10時〜午後7時    中学校勤務

  8日(月) 午前10時〜午後7時    中学校勤務

12日(金) 午後1時半〜5時半     小学校勤務

14日(日) 午後1時〜午後4時半 創元社セミナー 講師:松木邦裕先生・藤山直樹先生

15日(月) 午前10時〜午後7時    中学校勤務

19日(金) 午後1時半〜午後5時半   小学校勤務

22日(月) 午前10時〜午後7時    中学校勤務

26日(金) 午後1時半〜午後5時半   小学校勤務

28日(日) 午前9時〜午後12時    SC班別研修会

29日(月) 午前10時〜午後7時    中学校勤務

 

 以上となっております。

 

緑が鮮やかで、葉桜もまた美しいですね。

 

何とか年度初めを乗り切れそうな、今日この頃ですが、

皆さまにおかれましても、どうぞご自愛くださいませ。

 

それではあっさりですが、これにて失礼いたします。

 

 

| ひなぎくのこと | 21:09 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS