ひなぎく心理ルームでは臨床心理学の立場から、いろいろな心の「悩み」や「葛藤」、「違和感」などに対してお話を充分にお聴きし、共に見つめ、整理しながらカウンセリングを進めていきます。
里親支援講演会を終えて

11月に入って早々、里親会での講演と、数名の方へのカウンセリングを行ってきました。

里親さんへのカウンセリングが、私が心理職なので心理療法に繋がる意味合いを自然に含んでしまうと考えると、コンサルテーションという言い方の方がしっくりくると2度目の訪問で感じた次第です。

 

話しが飛躍しますが、

精神分析家ビオンが、コンテイナー/コンテインドという、母親と乳児という二者関係をモデルとして理論を展開したことはすごい。(笑)今回の里親さんとの関わりを通して、改めてそう思いました。

そこには、様々な❝愛❞があることが感じられます。

里親さんとの情緒交流の中で子ども達が育っていることを目の当たりにする機会も得ました。

 

今回の講演内容は「発達障害と愛着障害」でしたが、すべての子どもが親との分離を経験しているその事実は、綺麗ごとで済まされないことです。それでも、出会った大人が真っ当な愛情を向けて子どもに向き合うとするなら、それが数日のことであっても私はそのことに大きな価値を感じます。

 

この子たちは、耐える機会を得ているがゆえに、ビオンのいう「ないものがある」という境地が分かる大人になる可能性を思います。

それは豊かなことなのです。

子ども達の苦境を、綺麗ごとで括るつもりはありませんが、苦境から始まる人生の中で何かを学ぶことができるならば、やがて幸せを感じる力と状況を手に入れることができる、私はそう信じています。

 

今回の講演に向けて気持ちが集中していましたので、その他のことには気持ちが向けれない状況でしたが、ようやく本日あたりから「お誕生日おめでとうございま〜す」を朝から繰り返し、気持ちの緊張をほぐそうと躍起になっている私です。(笑)

お立ち寄りいただきありがとうございます。

| 講演・里親 | 16:42 | comments(2) | trackbacks(0)
10月お休みのお知らせ

当ルームは、明日17日(木)から20日(日)まで、休室となります。

 

よって、メールでの「お問い合わせ」へのご返信は、

21日(月)となりますので、ご了承ください。

 

お返事をお急ぎの方は、当ルームにお電話していただき、留守番電へ、

ご連絡先と共に、メッセージをお入れください。

折り返しのご連絡をするようにいたします。

 

ご不便をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

| ひなぎくのこと | 17:47 | comments(0) | trackbacks(0)
10月は「里親月間」

数日前に届いた「公認心理士協会発行のメールマガジン」に、

10月は里親月間であるとの厚生労働省からの広報がありました。

 

「厚生労働省では、平成28年に成立した改正児童福祉法により、家庭と同様の環境における

養育の推進(里親等への委託を優先して検討すること)が明確化されたことを踏まえ、都道府県等とも協力しながら、里親委託の飛躍的な拡大に向けて全国的な運動を展開していきます」<厚生労働省が報道関係者各位にあてた記事の抜粋>

 

当ルームでは、2年前の9月に里親さんに向けた講演の依頼を受けたことをきっかけに、

今年度は土・日を使っての出張里親カウンセリングを開始し、9月に7家族にお会いしました。

それぞれの里親さんは、しっかりと「問い」を携えてお見え下さいました。

私のみが守る守秘義務(里親さんは私の発言等、表現されることに守秘はなし)をお伝えし、

私のノートの上部に自筆でお名前をお書きいただき、家族構成のみ、その場で聞いて、

事前のアセスメントは終了。50分の面接がはじまります。

 

私のこころの中と言動は、お話をお聞きしながら、見立て、仮説、伝達(言語化)、見立て、仮説、決断、伝達、を繰り返します。

そして、「そうなんです、子どもが○○というんです」などにたどり着きます。

里親さんのこころが開くとき、里親さんの表情が変わります。

お世話役をしてくれている知人が、嫉妬から機嫌が悪くなるほどに(笑・仲良しです)、

軒並み充実した50分であったとの思いと共に、帰路についていただけたようです。

 

私の今までの臨床経験と、対象関係論、精神分析家ビオンの理論など、総動員でことにあたりますが、50分が充実したものになるのは、ビオンの理論で説明するなら、里親さんのアルファ機能の充実と、アルファ要素の多さ故と推測します。

アルファ機能は私の発言をスムーズに取り入れて検討すること可能にし、アルファ要素は里親さんの内面からの適切な情報を私に提供し、また、私の発言が、里親さんの腑に落ちる感覚に直結することに寄与します。

私のこころに、里親さんのご苦労が、子ども達の幸せに寄与する像が浮かびます。

 

今年度は、11月に講演とカウンセリングを行い、1月改め、2月にカウンセリングに寄せていただく予定です。

9月には九州地方他県の里親会の方とお会いし、11月の講演を見に来てくださるそうです。

また、私の出張カウンセリングを可能にした、キリン助成金の方も視察に来られるそうです。

依頼されている内容は、「発達障害・愛着障害」です。

 

今まで学校や幼稚園の講演で取り上げることの多いテーマですが、師に学ぶ機会もあり、

最新の見解も踏まえて、分かりやすく参考になる内容にしたいと思います。

 

当ルームで主に提供する「精神分析的心理療法」と「親御さんのコンサルテーション」そして「里親カウンセリング」、私の内的設定の違いがあることですが、そのことの自覚と経験は、「精神分析的心理療法」の深化に還元されるという循環を生み出してくれそうです。

その時、その方々と私が適切と思うあり方で、精一杯向き合ってゆきたいと思います。

私の成すことが充分なことではないという、負の思いに私自身が持ちこたえながら。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

| 講演・里親 | 16:26 | comments(0) | trackbacks(0)
JPS精神分析的精神療法家センター設立記念シンポジウム

先週、東京で行われた、日本精神分析協会

精神分析的精神療法家センター設立記念シンポジウム「精神分析的精神療法を学ぶ」に

参加してきました。

 

朝の9時から、夕方17時まで、センター長である北山修先生の講演を皮切りに、

盛りだくさんな内容でした。

講演とは関係がないのですが、ひとつ、協会らしいなぁと印象に残ったご発言がありました。

それは、今回のシンポジウムの案内を、メールなどで流すことをされず、すべて手渡しされたとのこと。

つまり、全国を飛び回ってセミナーや講演をされている精神分析家と精神分析的精神療法家の先生方の、知る空間に案内をされたとのことです。

 

今回、一緒に参加した大阪の友人が出席していたセミナーで、今回の案内がされたときには、

会場からどよめきが起こったそうです。

日本精神分析協会に隣接するセンター設立の衝撃(笑)を感じさせる反応と思います。

衝撃といえば、会長である松木邦裕先生はシンポジウムそのものには参加されておらず、

協会代表でのご挨拶で藤山直樹先生よりご紹介されていたのですが、

シンポジウムが終わると会場に姿を見せられ、私に嬉しい衝撃が走りました。

エレベーターで、ご一緒した協会副会長の相田信男先生が「これから運営委員会があるんだよ」と、言われていました。

 

会場を後にするときにも、

嬉し恥ずかしはしゃぐ私に、「高校生か!」と友人の突っ込み、

いや中学生くらいと内心で思う私でした。

シンポジウムでは、それぞれの先生方のお考えが明確に示され、

私の行う臨床の意義を捉えなおす、貴重な機会となりました。

| 時事 | 17:49 | comments(0) | trackbacks(0)
銀座に志かわ 京都北白川店

この度、水にこだわる高級食パン「銀座に志かわ」北白川店が、

9月27日にオープンします。

 

それがどうかしたのでしょうか?

はい。

当ルームのマンション1階は、開室当初から歯科医院であったのですが、

この度、「銀座に志かわ」となり、直接は何の関係もないのですが、

なんの関係もないのですが、お近くさんということで私までドキドキしています。(笑)

このお店は高級食パンのみの販売で、

ご挨拶を兼ねて、数日前に予約に行くと、27日オープン当日はもう一杯とのことでした。

オープンから数日は、

1本(2斤)800円(税抜き)の食パンを購入しに来るお客さんで賑わうことと思います。

店員の皆さんはとても感じが良く、オープン前から言うのは何ですが、

長く営業されるといいなぁと思っています。

 

私も人の集まりを意識して、一階の集合ポストの当ルームの表示を、

小さいながら可愛くレイアウトして、張り替えたりしました。(笑)

こんなところに心理ルームがあるのね?どんなところかな?

と、興味をもってサイトを除いていただけたら嬉しいなぁという、

欲目もあり、ドキドキしている私ではないのですか?と、気付いている私でもあります。(笑)

 

何よりもどんなお味の食パンなのか、とっても楽しみにしています。

パンの消費量日本一の京都だけあって、近隣にもおいしいパン屋さんは沢山あり、

地元の方は、私もですが、食パンはここ!というお気に入りのパン屋さんが既にあるはず。

「銀座に志かわ」さんの質の高さが、

地元のパンのおいしさを更に底上げしてくれることにも期待したいと思います。

 

当ブログに、お立ち寄りいただきありがとうございます。

| ひなぎくのこと | 19:57 | comments(0) | trackbacks(0)
不登校

夏休みが終わり、学校が始まるこの時期、子ども達の不登校への親御さんの困惑や、

それにも増して、子ども達のこころの状態が大きく息詰まる時期でもあります。

 

また、これらのことへの取り組みについて目にすることが多くなる時期でもあります。

情報は非常に多岐にわたり、どのように見立て、取り組んでゆけば良いのか、

子どもさんにどう向き合っていくのか、との方向を定めることは簡単ではありません。

 

ざっくりと、このように対応することが良いらしい…と、いうようなその時代の良しとする流れなどではなく、それぞれの困難にどのように向き合うかは、それぞれに全く異なります。

 

不登校をはじめとする、子どもさんのことでの困りについて悩める親御さんは、

その困りへの取り組みを通して、子どもさんの成長にとどまらない、

それまでとは違った何かをつかまれるようです。

 

親御さんに悩む能力がある時には、子どもさんのことを最も知る親御さんに機能していただくことが、そのご家族にとって、もっとも得るところが大きくなると考えています。

ゆえに、当ルームでは親御さんへのコンサルテーションの提供となっています。

 

ただ、だからと言って子どもさんに会わないということではなく、希望があれば子どもさんにもお会いして、幾度か会う必要があればそのようにもしています。

子どもさんが、一度当ルームに来ると、往々にして何度でも来室したいとの希望がでます。

当ルームは、遊びを媒体にした継続的なプレイセラピーの提供を(現在は)していませんので、子どもさんへのかかわりも私の「ことば」となるわけですが、そこには気持ちが汲み取られるという体験があるようです。

しかしながら、悩める親御さんは、十分に子どもさんのこころの受け皿(コンテイナー)として機能されますので、私が会う必要性がなくなれば、私が会いたくても辛抱します(笑)。

当ルームが提供できる支援の中で、そのご家族に最も必要な支援を見極めて濃密に提供することは、開業臨床での大切な要素のひとつと考えています。

 

長期の休み明けや学年がわりは、こころの負荷が高まる大きな試練の時でもありますが、

取り組みが始まっているときには、大きなチャンスとなります。

復学を目指すことだけが得策ではありませんが、環境としての学校に大きな問題がなければ、

復学が軌道に乗っていくことは、一つの達成となることです。

| 不登校 | 16:17 | comments(0) | trackbacks(0)
残暑お見舞い申し上げます

ご無沙汰いたしました。

毎日、暑いですが、

皆さまにおかれましても、夏を乗り切る創意工夫の中、日々お過ごしのことと存じます。

 

昨年から、当ルームの冬季・夏季休暇は、1週間から2週間に変更し、

今夏も2週間の夏季休暇を終えました。

 

9月からは(11月、令和2年1月の計3回)土日を利用して里親カウンセリングの為、

九州地方まで出向くことが始まります。

今回は、2年前にはじめて講演に寄せていただいた折の、15分〜20分程の相談時間ではなく、

50分間お会いできるので、前回よりさらに充実した面接となることと思います。

守秘義務のことを記載した書面をお渡しするなど、相応の構造を思考し始めている私です。

 

私にとって、新しい時間が追加されていきます。

誰にとっても常に新しい時間が訪れ、経過していくことなのですが、

私にとってのこれからの時間は、今まで以上に新しいように感じています。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

皆さまにおかれましても、夏バテなさいませんよう、ご自愛くださいませ。

| ひなぎくのこと | 19:13 | comments(0) | trackbacks(0)
日本精神分析協会会長

昨日、日本精神分析協会の新しい会長に、松木邦裕先生が就任されたことを、

HPを拝見して知りました。

 

松木邦裕先生、会長ご就任おめでとうございます。

 

そして、早速に日本精神分析協会 精神分析的精神療法家センター設立を始動してくださったことが理解できました。

副会長には、相田信男先生、書記には藤山直樹先生。

 

協会の発展は、精神分析的臨床をこよなく愛する私にとっても、希望です。

協会での学びはセミナー参加のみでしたが、精神分析的精神療法家センターの設立で、

今まで以上に学びの拠点を協会に置ける可能性が私にも出てきたのかもしれないと、

今日、ようやく思い至り、涙、涙です。

 

精神分析家の資格を取っていかれる先生方に、

週4以上の精神分析を希望される方を紹介できたりする時が来るかもしれないと思うと、

また涙、涙です。

涙が出るまでには、私は・・・、私は・・・、

師にご迷惑をかけるだけではないか・・・、と、気が付けば、えも言われぬ苦の中に数日居たように思います。

私も、叶うならさらなる歩みを進めていきたい。と思います。

 

このような個人的な場で恐縮ですが、直接は畏れ多いので、

松木邦裕先生へ、会長、ご就任お祝い申しあげます。

 

 

| 時事 | 18:18 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS